気軽に受けられる痩身施術|楽してスリムになりたいなら

小顔にできる脂肪吸引

カウンセリング

脂肪細胞に直接作用する

ふっくらとした丸顔だった友人がいつの間にかほっそりした面長の顔になっていました。以前整形で二重にしたこともあるので、小顔にする治療をしたのだと思い聞いてみると、脂肪吸引をしたのだそう。脂肪吸引はお腹周りや太ももなどの痩身のための治療だと考えていましたが、小顔効果もあるとは驚きです。ただやせ型の人は効果がなく、ある程度顔に余分な脂肪が付いている人に有効な治療です。そして、脂肪吸引は体型を整えるダイエット効果があります。ダイエットは辛い食事制限や運動などが必要になり根気がなければ続けられません。目標体重まで落とせても、気の緩みからリバウンドして以前より太ってしまったりしてしまいます。それは、脂肪細胞がカロリーの過剰摂取で膨らんでしまうからです。脂肪吸引は脂肪細胞を取り除くことで、リバウンドの可能性を低くする整形です。友人によると脂肪吸引はカニューレという細い管を入れる方法が一般的だそうです。カニューレの先端からベイザー波と呼ばれる熱を出して、脂肪を溶かして吸引します。

半年ほどで効果が出る

また、カニューレから麻酔薬や止血薬を入れて脂肪細胞を分離させて吸引する方法もあります。カニューレから取り除いた脂肪を胸やお尻などに再注入して、サイズアップすることもできます。高周波のエネルギーをカニューレから出して脂肪を吸引する方法もあります。アフターケアはバンテージや包帯、コルセットなどで患部を圧迫固定し痛み止めなどを服用します。友人の場合は、2週間程顔の包帯をする必要があったそうです。この間は喫煙や飲酒は禁止で腫れや内出血などを悪化させる可能性があります。包帯がとれたらマッサージをして血行促進を図ります。3ヶ月程で痩身効果が現れてきますが、完全な整形の効果が出るのは半年ほどかかるのが一般的です。痩身で気になるのが脂肪を除去した跡の皮膚のたるみです。しかし、脂肪吸引は半年ほどかけて痩身効果が現れるので皮膚のたるみは意外と少ないのです。また皮膚のたるみが気になる場合はこれを解消する整形方法もあります。脂肪吸引は医師の技術や実績によって、術後の経過や結果が変わることも多いのだそうです。医師やクリニックを選ぶ時は慎重に行ないたいものです。